産経ニュース(株式会社産経デジタル)に掲載されました

ギャラ飲みとは、今まではアンダーグラウンドな社会で行われてきたイメージが強かったですが、もっとクリーンで正しいギャラ飲みを展開していきたいと思います。 キャバクラで働いたことがある女性やキャバクラにいったことがある男性が大勢いるのと同じように、ギャラ飲みが一般化されるよう、サービスの仕組み作りやあり方を考えて参ります。 「ギャラ飲みの大衆化」 これが2022年に向けたglassの事業目標です。

続きは下記から
https://www.sankei.com/economy/news/211215/prl2112150844-n1.html

株式会社産経デジタル(SANKEI DIGITAL Inc.)
代表取締役社長 宇田川 尊志

glass登録バナーglass登録バナー
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ひとを大切にするアプリglass 編集部です。
ギャラ飲みに関する情報を発信しています!

コメント

コメントする

目次
閉じる