ギャラ飲みアプリglassを使う

Tinderでアカウント凍結(垢バン)からの復活方法はある?アカウント停止の問い合わせ方法など解説

気軽に出会えるマッチングアプリとして人気のTinderですが、ある日突然アカウントが凍結されたらショックですよね。

では実際に凍結(垢バン)されたら、その後もう一度復活できるのでしょうか?結論から言うと、一度凍結したアカウントの復活はできません。

本記事では、Tinderが凍結された後にすべき対応(アカウント削除等)と、類似アプリを紹介します。

人気のアプリならペアーズがおすすめです。ペアーズは会員数が日本一多いので、「ほかのアプリよりマッチングしやすい」と好評の出会い系アプリです。

pairs3

【公式HP】https://pairs.lv/

Tinderでアカウントが凍結(垢バン)される理由

Tinderでアカウントが凍結(垢バン)される理由には、利用規約の違反があります。

具体的な禁止行為は以下の通りです。

  • 性的なコンテンツ
  • 暴力的なコンテンツ
  • 子供の単独写真
  • 著作権の侵害
  • 個人を特定できる情報の開示
  • ヘイトスピーチ・差別行為
  • 不適切な言動
  • 嫌がらせ行為
  • 詐欺行為
  • スパム行為
  • 長時間ログインせず放置

上記のなかで一つでも当てはまるようであれば、Tinderの利用停止措置が取られてしまいます。

規約については、他のマッチングアプリも同様に定めている場合がほとんどです。過度にアプリでセックスをしようとする際にも

「今後は絶対にアカウント凍結されたくない!」のであれば、いま一度規約を確認しておくと安心です。

Tinderのアカウントが何回も通報されている(レビュー中)

複数の相手から何度も通報をされると、Tinderのアカウントに「レビュー中」と表示されることがあります。

これはいわばペナルティ的処置のようなもので、Tinder運営側がアカウントを審査して対処方法を決める期間となります。

レビュー中の間は、Tinderを使うことも閲覧することもできません。

その後規約違反が認められなければ、アカウントは無事に復活できるでしょう。復活までの期間はバラバラで、長い人は2週間ほどレビュー中が続くこともあるようです。

Tinderの利用規約違反を犯した

先ほどご紹介したTinderの禁止行為のなかでも、特に多い違反は嫌がらせ行為です。よくある規約違反をまとめました。

  • 暴言や誹謗中傷
  • 個人情報を聞き出す言動
  • 芸能人の写真や他人が描いたイラストの画像
    (無断転載)

他にも、ヌード写真やポルノ画像といった性的なコンテンツ、ユーザーが不快を抱くような暴力的なコンテンツの流出も違反行為の対象となります。

Tinderのアカウントの凍結(垢バン)解除の方法は不可能

Tinderでアカウントが凍結してしまったら、解除することは不可能です。

フェイスブックアカウントやメールアドレスを変えて試みたとしても、携帯そのものを変えなければ再登録はできません。

Tinderは運営元がカスタマー向けのヘルプサービスを設置していないため、凍結の不服申し立てを受け付けていません。

たとえ納得のいかない凍結処置を受けたとしても、解決策はないことを覚えておきましょう。

Tinderのアカウントが凍結(垢バン)されたときに行うこと

もしTinderのアカウントが凍結されたら、まず最初に行うべきは有料会員の解約手続きです。

なぜなら、有料のプランが凍結と同時に自動で解約されることはないからです。

ひと月1,950円から始められ比較的リーズナブルなTinderですが、6ヶ月や12ヶ月の長期プランに申し込んでいる場合は要注意です。

解約手続きを忘れてそのまま放置すれば、アプリを利用していないのにお金だけがかかってしまうことになりかねません。

無駄金を支払わないためにも、必ず解約するようにしましょう!

Tinderのアカウントの再登録はFacebook、電話番号登録も不可能

Tinderで一度アカウント凍結をされると、Facebookや電話番号などあらゆる登録方法を変えても再登録は不可能です。

その理由は、使用しているスマホ情報がTinder側に記録されスマホ自体をbanされてしまうからです。

さらに、使っていた通信情報がbanされてIPアドレスが使えなくなることも考えられます。

Tinderで再登録をしたいなら、新しいスマホとSIMカードを用意しなければいけないというわけです。

Tinderくらいカジュアルに出会えるマッチングアプリ

Tinderで一度アカウント凍結されると、復活するためにはお金と労力がかかります。

それなら、Tinderと同じくらいカジュアルに出会えて安心して利用できるマッチングアプリを使ってみませんか?

ここでは、特におすすめしたい2つのアプリをご紹介します。

  • ペアーズ
  • タップル-tapple-
  • with

会員数が多くマッチング率が高いアプリなので、初心者の方でも理想の相手とマッチングできるはずですよ。

ペアーズ

pairs3

【公式HP】https://pairs.lv/

会員数約1,000万人
料金月額制(3,590円〜)
※女性は無料
年齢層20代後半〜30代後半
目的恋愛向け
詳細公式HP

ペアーズは彼氏彼女を作りたい方におすすめのマッチングアプリです。20代30代が8割を占めているため、若者に人気のアプリです。

会員数が日本で一番多いため、簡単にイケメンやかわいい人が見つかると好評です。アプリの種類がTinderに似ているため、Tinder凍結で困っている方に一番おすすめのマッチングアプリになります。

タップル-tapple-

会員数600万人(2021年8月時点)
料金男性:月額3,700円(税込)~
女性無料:無料
年齢層10代後半~30代前半
目的婚活と恋活の間
詳細https://tapple.me/

「趣味でつながる」をコンセプトにしたマッチングアプリ「タップル」は、共通の趣味や価値観で異性を探すことができます。

タイミングが合えばすぐにデートができることが魅力で、 「今すぐ会いたい!」という人と24時間以内に出会うことも可能です!

さらにビデオチャット機能を使えば、ライン交換をしてメッセージのやりとりをしなくてもすぐに相手と通話したり顔を見たりすることもできます。

直接会いづらいこのご時世だからこそ、リモートで出会えるタップルは今を生きる男女の強い味方ではないでしょうか。

\毎月10,000人のカップルが誕生/

with

会員数250万人(2021年8月時点)
料金男性:月額3,600円(税込)~
女性:


無料
年齢層20代メイン
目的恋活
商品https://with.is/welcome

心理テストをしながら異性との相性診断ができるマッチングアプリといえば、「with」です。

性格や価値観といった内面を重視して相手を選ぶことができるので、長くお付き合いしたい方向けのアプリと言えるでしょう。

また男性にはプロフィールのモテ度チェック機能が付いており、マッチングしやすいプロフィールが簡単に作れてしまうのも嬉しいポイントです。

withは20代の会員が7割を占めていることもあり、将来的に結婚を考えたいという方におすすめしたいアプリです。

Tinderの垢バンからの復活は無理なので諦めよう

pairs3

【公式HP】https://pairs.lv/

Tinderでアカウント凍結してしまったら、再登録は諦めた方が良いでしょう。

カジュアルで気軽な出会いを求めるなら、すぐに出会えて会員数も多いペアーズがおすすめです。

あなたの出会いの幅がぐっと広がり、理想の相手がきっと見つかるはずですよ。

複数アプリを登録することで、マッチング率をグッと上げることができます!

関連記事